40代のフォーマルファッションは?大人の着こなし【冠婚葬祭コーデとは】

40代のフォーマルファッションは?大人の着こなしとは?

フォーマルとは?

フォーマルとは、礼装や正装を意味する言葉で、対義語はカジュアルになります。

 

人種や民族によって正装の形は異なりますが、一般的なのは、男性がモーニングコート(昼)や燕尾服(夜)、女性がアフタヌーンドレス(昼)やイブニングドレス(夜)を着用するのが一般的です。

 

日本の場合、男性は紋付羽織袴、女性は黒留袖なども正装に当たります。

 

※留袖は既婚者の礼装とされるもので、未婚者は振袖になります。

 

ちなみに、自国以外の民族衣装はただの仮装になってしまいますのでNGです。

 

喪服については、葬儀や法事などに参加する際に着用する礼服となります。

 

ここで注意していただきたいのが、女性が洋装での喪服を着用する場合です。アクセサリーは真珠か黒真珠のみで、1連のみであるということです。2連以上になっていると、悲しみが繰り返すと言われていますので、常識知らずと思われてしまうかもしれません。

 

また、暑い盛りであっても、ミニスカートや胸元が大きく開いたスーツはNGですし、お化粧も控えめにしましょう。

 

余談ですが…。
TVのワイドショーでは有名人が亡くなられた際に、お葬式に駆け付けた有名人へインタビューすることがありますよね。そこでミニスカート&デカリボン&アイメイクバッチリで参列された元アイドルの方がいらっしゃいました。

 

インターネット上では、非常識を通り越して呆れた、という声が非常に多かったのが印象的です。あそこまで常識を知らないのは問題外ではありますが、人の振り見て我が振り直せです。私も他人様に常識知らずと思われないよう、身を正していきたいなとしみじみ思った所存で御座います。

 

40代女性のフォーマルコーディネートとは?

40代にもなると、少なくとも1度や2度は冠婚葬祭に立ち会ったことがあるのではないでしょうか。幸いにも身近な人が亡くなったことがないという方でも、社会人のマナーとして喪服は用意しておくのが無難です。

 

もし、今までに1度も冠婚葬祭に立ち会ったことないという方がいらっしゃいましたら、本やインターネットで冠婚葬祭マニュアルを熟読されることをオススメします。世間一般の常識では、40代ではドレスコードくらい知って常識と思われているからです。

 

40代のフォーマルドレスの場合、黒や紺ドレスが一般的と思われるかもしれませんが、あまりハデ過ぎないものや、露出が少ないものであれば色身の付いたドレスでも問題ありません。ノースリーブのものは、ストールやボレロ、ジャケット等を羽織りましょう。

 

40代のフォーマルスーツの場合、注意して欲しいのがスカート丈です。フォーマルスーツですので、膝上は基本NGです。特に式典の場合は着席が多いので、膝上丈の場合太ももが露になってしまうことが懸念されます。

40代向けファッション通販ランキングはこちら

40代のフォーマルファッションは?大人の着こなし【冠婚葬祭コーデとは】関連ページ

40代男性コーディネート術は?
休日は1日中寝巻きもしくはスウェットだという方は、いざ外出しようと思った時に悩まれてはいませんか?ここでは、40代男性向けコーディネート術をご紹介!普段着をカッコよく着こなしたい方はご覧ください。
40代女性コーディネート術は?
【素敵なアラフォー女性になるために】大人の女性だから着こなせる40代ファッションをご紹介!若作りに見えない?上手く着こなしできる?ここでは、年相応のナチュラルなコーディネート術をご紹介しています。
40代カジュアルコーデは?
40代向けのカジュアルと言っても、ラフすぎてしまってはいけません。では、40代向けのカジュアルコーディネートとは?自然な若々しさを演出してくれるファッションブランドをご紹介しています。
おすすめのブランドは?
【おすすめのブランドは?】40代向けのブランドってあるの?と思った方のために、ここでは特におすすめしたいファッションブランドをご紹介!大人の女性のライフスタイルに合ったコーデはこちらを参考に。
芸能人が参考になる?
【コーディネートの参考に】大人としての落ち着きや安心感を与えられるようなファッションが好まれる40代。素敵に着こなしている芸能人は?年相応なファッションなのに若く見える芸能人コーデをご紹介します。

このページの先頭へ戻る